アウトドアに関する情報が満載!

アウトドアで色々な調理、食事の

夏から秋にかけて人気なアウトドアキャンプ。
テントをはって、それぞれで、キャンプファイアをしたり、バーベキューをしたり楽しみます。
テントをはると、そこがおうちになるので、快適に過ごせる工夫が必要です。
テントは人数プラス1人の計算で、少し大きめのものを選びます。
アウトドアで定番のバーベキューでは、炭でシーフードや、肉を焼くのが楽しみの一つですが、フルーツを焼くと甘みが増して美味しいと人気です。
まな板やナイフの調理器具はあらかじめ計画を立てて、用意し忘れないようにします。
他には、ワッフルを焼くと、焼きたてワッフルを味わえます。
朝食の調理で肉を焼くのは、朝から食欲が増さない人のために、そうめんがおすすめです。
湯を沸かして、そうめんを茹で、あらかじめ用意して持ってきておいた、つゆに入れて食べます。
あたたかいそうめんが良ければ、あたためたつゆに、茹でたそうめんを煮ると出来上がりです。
アウトドアは、日頃食べている食べ物でも、また違った食べ物に感じるところが面白いです。
できるだけ荷物を少量にし、工夫をすることによって、外で食べるという贅沢な感覚で楽しめます。

爽快な気分で楽しむアウトドアの調理

アウトドアで調理をすることで、室内の厨房とは違った爽快感が味わえます。
自然の風を感じながら、火を操って食材を美味しいものに変化させることができるのも醍醐味です。
最初の段階では、食材探しの楽しみも堪能できます。
旅行先でアウトドアを楽しむときには、食材は現地調達するのが基本です。
最初から荷物が多くなるようでは移動の邪魔になるため、最低限に必要な調味料や調理器具だけを用意しておくようにします。
食材の調達が終わってからは、本格的に調理を開始できます。
広い河原や山沿いの渓谷においても楽しむことができますが、安全管理も同時に行うようにします。
河原でアウトドアをするときには、上流部の天気にも注意を払うようにします。
料理の種類を選ぶ場合においては、人数に合わせて作りやすいものを選択することができます。
10人くらいで楽しむ場合であれば、カレーやシチューなどの煮込み料理だと作りやすくなります。
少人数であれば、小ぶりのダッチオーブンを使って豚汁を作ることもおすすめです。

おすすめWEBサイト 5選

神戸市にある探偵
http://www.horiuchichosa.com/

最終更新日:2016/1/14

Copyright 2015 アウトドアでハジケよう! All Rights Reserved.